福島市民家園
福島市民家園
新着情報
ご利用案内
施設案内
行事案内
催事カレンダー
今日の民家園
投句掲示板
ボランティア活動
あづま総合運動公園
(財)福島県都市公園・緑化協会
リンク集
トップページに戻る

 

福島市民家園

 

 

 

福島市民家園
元客自軒(旧紅葉館)
福島市民家園
福島市指定有形文化財
福島市民家園
福島市民家園
むかしのくらし体験
福島市民家園
福島市民家園
福島市民家園
旧所在地 :福島市北町3番33号
建築年代 :江戸時代後期(1800年代後半)
面 積 :(旧東棟)75.07u
:(旧北棟)144.94u
構 造 :(旧東棟)木造 切妻造 平屋建 杉木羽葺
:(旧北棟)木造 寄棟造 二階建 杉木羽葺
復原年 :平成4年(1992)8月
福島市民家園
福島市民家園
福島市民家園

元客自軒は、幕末から明治初期にかけて福島有数の割烹(かっぽう)旅館で、福島の歴史上重要な舞台となったことで知られています。

慶応4年(1868)に、北南町の金沢屋(かなざわや)に投宿していた奥羽征討軍の下参謀世良修蔵(せらしゅうぞう)を、仙台藩士が襲撃し、金沢屋の北側にあった「客自軒」に引き立てた後、阿武隈川畔で斬殺した事件があり、これが引き金となり東北の諸藩すべてを巻き込んだ戊辰戦争の拡大につながっていきました。

明治中期に所有者が代わり「紅葉館」と改名されましたが、福島の自由民権運動の中心人物である河野広中(こうのひろなか)が命名したと言われています。
その後、割烹旅館から下宿業にかわり、昭和61年に解体されるまで利用されていました。

建築部材はすべて細かく、当時の町家造の手法に近く、略式化した数寄屋造りの手法がみられます。
復元にあたってはのちの増築部分を除き、江戸後期頃の「客自軒」にあたる部分を原形に復しています。

福島市民家園
福島市民家園

福島市民家園

福島市民家園

    福島市民家園  
     
    福島市民家園  
(C)2009 Fukushimasi Minkaen. All Rights Reserved.